出産後の抜け毛・薄毛はいつまで?育毛ケア必要?

出産後の抜け毛・薄毛の悩み・・・

50代の私たちには少し昔の話になってしまうと思いますが、参考としてぜひ知っておいてください。

 

出産をすると抜け毛が増えるというのは、約7割の女性が経験すると言われています。
出産して髪が大量に抜ける原因は、女性ホルモンの分泌量が大きく変化するからです。
妊娠している間は、髪の成長を維持するエストロゲンの分泌が増加するため、逆に髪の量が増えたように感じます。
しかし出産をするとエストロゲンの分泌量も通常の状態に戻るため、それまで普通よりも長く成長期にあった髪の毛がどんどん抜けていきます。
また、しばらくはホルモンの分泌量が安定しませんから薄毛の状態が続くことになりますが、いつまで続くのか、そのままで大丈夫なのか不安になってしまう方も多いでしょう。

 

産後の薄毛が続く期間

出産後の薄毛がいつまで続くかは、ヘアサイクルが大きく関わっています。
ヘアサイクルとは髪が成長して抜け落ちるまでの周期のことで、成長期と退行期、そして休止期の3つの時期に分かれています。
女性の場合、髪が生えて伸びていく成長期は3年から6年、髪の毛の成長が止まり抜けていく退行期が約3週間、次に髪が生えるまでの準備期間となる休止期が約3ヶ月になります。

 

産後の抜け毛は、成長期が終わった状態なので、退行期から休止期の状態になっています。

 

髪の毛は1本1本ヘアサイクルが違うので一概には言えませんが、次に髪が生えるまでには、退行期と休止期を合わせると4ヶ月ぐらいはかかります。
ですので単純に言うと4ヶ月ぐらいは産後の薄毛が続くことになります。
ただ、もちろんすべての髪が同じサイクルで伸びるわけではないので、順調に行ったとしても半年、平均すると薄毛が改善できるまでには1年かかると言われています。

 

ケアは必要?本当のところは

 

普通、抜け毛が増えたり髪が薄くなったりしたら育毛ケアを始める必要があります。
出産後の薄毛も産後脱毛症や分娩後脱毛症などと言われるので、なにか特別なケアが必要なのではと思うかもしれません。
しかし、出産後の薄毛というのはホルモンの分泌量の変化によって起こるだけですから、基本的にはケアをしなくても、ある程度の期間が経てば自然に元に戻ります。

 

ただ人によっては、子育てによってストレスを感じたり、睡眠や食事が不規則になったりすることも薄毛の原因になっていることがあります。
ストレスを感じると血行が悪くなり頭皮に栄養が行き渡らず、抜け毛や薄毛が引き起こされます。
睡眠が不足すると頭皮や髪のダメージが修復されませんし、食事がきちんと摂れないと栄養不足になります。
こういった原因で薄毛が起こっている場合は、ケアというより生活習慣を改善しないと薄毛の状態が続くことも考えられます。

 

また、少しでも早く髪の量を増やしたいという場合にはケアをするのがオススメです。

 

産後の薄毛のケアの基本は、栄養バランスの整った食事とたっぷり睡眠をとること、ストレスを溜めないことですが、新生児の育児は時間に余裕もありませんから思うように行かないことも多いでしょう。
そういった場合は、栄養成分が配合されている育毛剤でケアをするのが効果的です。
育毛剤によってはリラックス効果がある成分も配合されていますから、ストレスの緩和効果も期待できます。