男性用育毛剤を女性が使うとどうなるの?

男性用の育毛剤を女性が使ってもいいの?

男性用育毛剤は注意が必要

女性でも髪が薄くなったなと思ったら、まず育毛を始めるのが一般的です。

 

ただ、女性の育毛剤にもたくさん種類がありますし、そもそも効果があるのかないのかも分かりません。
価格には幅があるものの、ある程度のお値段がするので購入するのをためらってしまう方も多いでしょう。

 

そんな時、もし旦那さんが育毛剤を使っていたら、とりあえずその育毛剤を試してみるなんてこともあるのではないでしょうか。

 

しかし、基本的には旦那さんが使っている育毛剤を勝手に使うのはダメです。
それは男性と女性は薄毛の原因の違い、そして男性の育毛成分には女性に害を与えるものがあるからです。

 

 

男性の育毛剤の働きとは?

 

注意

男性の薄毛の原因は、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつくことでジヒドロテストステロンが生成されるからです。
ジヒドロテストステロンは前頭部や頭頂部にある男性ホルモン受容体に結合し、抑制的細胞増殖因子を作り出します。

 

抑制的細胞増殖因子は、簡単にいうと毛母細胞の働きを抑制して髪の生成をストップさせる因子なので、髪の成長期が短くなって脱毛が引き起こされます。
ですので、男性の育毛剤にはジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼの働きを阻害したり、成長期を維持する効果がある成分が配合されています。
一方、女性の薄毛は生活習慣が主な原因になります。

 

頭皮や髪へのダメージ、栄養不足、睡眠不足、ストレスなどあらゆる要因が重なって薄毛が引き起こされるので、単に5αリダクターゼの働きを阻害したり、成長期が維持される成分を補給しても効果はありません。
男性の育毛剤は、男性の薄毛を引き起こす原因にアプローチする成分を配合することで育毛を促進しますが、女性の育毛を促進する効果はないのです。

 

男性育毛剤の危険性について

 

育毛剤の有効成分はいろいろありますが、中でもフィナステリドは厚生労働省によって男性の薄毛に効果があると認められています。
フィナステリドというのは、ジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼ還元酵素を阻害する成分です。

 

つまりフィナステリドを服用することで、テストステロンがジヒドロテストステロンに変性してしまうのをブロックできるので、脱毛もストップできます。
またジヒドロテストステロンが生成されなくなれば、毛母細胞の働きも正常化されますから、髪の毛の量の増加や成長期の維持の効果を得ることができるので、薄毛の改善につながっていきます。

 

ただしフィナステリドの直接的な働きは、5αリダクターゼ還元酵素だけに有効なので、女性の薄毛の改善には効果がありません
それどころか、女性がフィナステリドに触れたりすると、皮膚から吸収されて婦人科系の病気を引き起こすこともあるのです。

 

妊娠中の女性で胎児が男子だった場合、生殖器官の発育に異常をきたす可能性があることも分かっています。
フィナステリドの危険性は経口摂取だけではなく、育毛剤を使うと頭皮から体内に吸収されることでも高まるので、女性は安易に男性の育毛剤を使用してはいけないのです。

 

全ての男性用育毛剤が女性に害を与える成分が入っているとは限りませんが、安心して使うためにはやっぱり女性は女性用の育毛剤を選ぶ方が安全です。