薄毛・抜け毛になりやすい季節ってあるの?注意です!

薄毛・抜け毛に注意したい季節

 

男性は遺伝によって薄毛が起こることもありますが、女性の場合は基本的に遺伝で薄毛になることはありません

 

ただ、体質的に薄毛になりやすい人となりにくい人がいるので、もともと髪が細くて弱かったり、量が少ない人は注意が必要です。
ですが、いくら髪が太く健康で量も多く、薄毛になりにくい女性であってもシーズンによっては薄毛になってしまうことがあります。
そして一度でも薄毛になると、頭皮環境が変わったり髪が変性して抜けやすくなったり細くなったりしてしまうので油断は禁物です。

 

薄毛・抜け毛になりやすい季節について

動物は季節ごとに毛が生え変わるという性質があり、冬から春にかけては暑さに耐えられるように毛の量が減少し、夏から秋にかけては寒さに耐えられるように保温効果が高い毛が生えてきます。
人間は動物ほど生え変わりがはっきりしていませんが、動物の一種であり、毛が生え変わる遺伝子も残っているため抜け毛の量が増えるシーズンがあります。
そのシーズンとは、夏から秋にかけてです。

 

夏は紫外線のダメージを受けやすく、さらに大量の汗をかくため、頭皮や髪が弱くなってしまい、毛根組織の機能も低下します。
また頭部だけではなく、体にも暑さによる疲労やストレス、ダメージが蓄積していますから、体内器官の働きも低下して髪に影響を与えます。

 

さらに近年はクーラーによる頭皮の乾燥、血行不良などによっても髪の毛の生成が阻害されているため、夏から秋にかけては抜け毛が多くなり薄毛になりやすいのです。
基本的に、この季節に抜け毛が増えても環境や体調が落ち着けば、また髪の毛は生成されます。

 

しかしダメージが蓄積したまま放っておいたり、抜け毛が増えているのにカラーやドライヤーなどで頭皮を傷めるようなことをしてしまうと、髪の生成がスムーズに行われなくなり薄毛が進行することもあります。

 

季節による薄毛への注意点とは

 

夏から秋にかけて抜け毛が増えるのは自然現象とも言えますが、対策を行わないと年々髪が生えにくくなるので注意しなくてはいけません。
まず必ず行わなくてはいけないのが紫外線対策です。
顔は紫外線対策をしっかり行うかもしれませんが、髪や頭皮は無防備になっている方も多いでしょう。
髪や頭皮が紫外線を浴びると、そのダメージによって毛根組織の機能が低下して抜け毛が増えてしまいます。
しかもダメージを受けた毛根組織は、完全に回復するまでに時間がかかりますし、その回復期間も紫外線を浴びてしまったら、元に戻らなくなることもあります。
ですので紫外線が強くなる春から夏は必ず紫外線対策を行いましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください

 

もう一つ気をつけたいのは、汗をかくことによる雑菌の繁殖や毛穴の詰まりです。

 

雑菌や毛穴の詰まりは、頭皮環境を悪化させて髪の生成を阻害します。
シャンプーをしすぎると皮脂を落としすぎてしまい、頭皮を守る庇護膜が生成されなくなるため、基本的にはシャンプーは1日1回が良いと言われています。
しかし、たくさん汗をかいた場合は清潔な状態を保つためにも、状況に合わせてシャンプーをしましょう。
油断していると、薄毛になりにくい女性でもなりやすくなってしまうのでくれぐれも注意してください。

男性は遺伝によって薄毛が起こることもありますが、女性の場合は基本的に遺伝で薄毛になることはありません
ただ、体質的に薄毛になりやすい人となりにくい人がいるので、もともと髪が細くて弱かったり、量が少ない人は注意が必要です。
ですが、いくら髪が太く健康で量も多く、薄毛になりにくい女性であってもシーズンによっては薄毛になってしまうことがあります。
そして一度でも薄毛になると、頭皮環境が変わったり髪が変性して抜けやすくなったり細くなったりしてしまうので油断は禁物です。

 

薄毛になりやすい季節・シーズンについて

動物は季節ごとに毛が生え変わるという性質があり、冬から春にかけては暑さに耐えられるように毛の量が減少し、夏から秋にかけては寒さに耐えられるように保温効果が高い毛が生えてきます。
人間は動物ほど生え変わりがはっきりしていませんが、動物の一種であり、毛が生え変わる遺伝子も残っているため抜け毛の量が増えるシーズンがあります。
そのシーズンとは、夏から秋にかけてです。
夏は紫外線のダメージを受けやすく、さらに大量の汗をかくため、頭皮や髪が弱くなってしまい、毛根組織の機能も低下します。
また頭部だけではなく、体にも暑さによる疲労やストレス、ダメージが蓄積していますから、体内器官の働きも低下して髪に影響を与えます。
さらに近年はクーラーによる頭皮の乾燥、血行不良などによっても髪の毛の生成が阻害されているため、夏から秋にかけては抜け毛が多くなり薄毛になりやすいのです。
基本的に、このシーズンに抜け毛が増えても環境や体調が落ち着けば、また髪の毛は生成されます。
しかしダメージが蓄積したまま放っておいたり、抜け毛が増えているのにカラーやドライヤーなどで頭皮を傷めるようなことをしてしまうと、髪の生成がスムーズに行われなくなり薄毛が進行することもあります。

 

・シーズンによる薄毛への注意点とは
夏から秋にかけて抜け毛が増えるのは自然現象とも言えますが、対策を行わないと年々髪が生えにくくなるので注意しなくてはいけません。
まず必ず行わなくてはいけないのが紫外線対策です。
顔は紫外線対策をしっかり行うかもしれませんが、髪や頭皮は無防備になっている方も多いでしょう。
髪や頭皮が紫外線を浴びると、そのダメージによって毛根組織の機能が低下して抜け毛が増えてしまいます。
しかもダメージを受けた毛根組織は、完全に回復するまでに時間がかかりますし、その回復期間も紫外線を浴びてしまったら、元に戻らなくなることもあります。
ですので紫外線が強くなる春から夏は必ず紫外線対策を行いましょう。
もう一つ気をつけたいのは、汗をかくことによる雑菌の繁殖や毛穴の詰まりです。
雑菌や毛穴の詰まりは、頭皮環境を悪化させて髪の生成を阻害します。
シャンプーをしすぎると皮脂を落としすぎてしまい、頭皮を守る庇護膜が生成されなくなるため、基本的にはシャンプーは1日1回が良いと言われています。
しかし、たくさん汗をかいた場合は清潔な状態を保つためにも、状況に合わせてシャンプーをしましょう。
油断していると、薄毛になりにくい女性でもなりやすくなってしまうのでくれぐれも注意してください。