紫外線と抜け毛・薄毛の関係|髪にも紫外線は大敵なんです!

紫外線と抜け毛薄毛の関係

 

 

オゾン層の破壊によって、地球に降り注ぐ紫外線は年々強くなっていると言われています。

紫外線ってやっぱり髪に悪いの?

 

これはよく知られていることですから、数年前と比べると日傘をさしたり、日焼け止めを欠かさない女性が増えています。
紫外線は、シミやシワなど肌の老化を引き起こす有害な光線ですから、健康で美しい肌を維持するには紫外線対策を行うのは当然のことでしょう。
しかし、紫外線は顔だけではなく髪や頭皮にも有害なのです。

 

特に頭皮は皮膚の一部ですから、例え紫外線による症状に違いはあっても、何も対策をしないと大きなダメージを受けて薄毛が引き起こされることがあります。

 

頭皮の紫外線対策方法

頭皮には髪の毛が生えていますから、これがカーテンの代わりになって紫外線から守ってくれます。
と言っても、髪の毛には隙間がたくさんありますから、何の対策も行わないと隙間を通って紫外線は頭皮に降り注ぎます。

 

最近は髪の毛を紫外線から守るスプレーなどが発売されているものの、頭皮は髪が邪魔になって日焼け止めを塗ることはできません。

 

しかし、そのままだと頭皮は紫外線をダイレクトに浴びてしまいますから、きちんと対策を取りましょう。
頭皮の紫外線対策としてもっとも有効なのは、日傘をさしたり帽子をかぶることです。
日傘はおでこの生え際や分け目、襟足まで広範囲をカバーできますから、完全に紫外線をシャットアウトしたいという場合にとても効果的です。
ただ、片手がふさがってしまうので、シチュエーションによっては帽子も活用するといいでしょう。
帽子もつばが広いものだったら頭皮を全体的にカバーできますから、ダメージを防ぐ効果があります。
ですが、帽子の素材によっては頭皮が蒸れてしまうこともあり、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうので気をつけましょう。
帽子で紫外線対策をする場合は、通気性の良い素材を選ぶか、蒸れないように日陰でこまめに取るようにしてください。

 

また最近では日焼け止めのサプリメント「飲む日焼け止め」なども発売されています。
このような飲むタイプのものでしたら、日焼け止めが塗れないところにも効果を発揮するのでおすすめです。
紫外線の強い時期だけでも併用してみるといいでしょう。

 

紫外線で抜け毛・薄毛になる理由とは?

 

紫外線は髪の毛を構成するタンパク質に含まれるシステインにダメージを与えます。
システインはタンパク質を結合させる物質なので、ここにダメージを受けると結合が外れてしまい、髪が切れやすくなります

 

成長期の髪の毛が途中で切れてしまうと、切れた部分に栄養が送られるため毛根組織の栄養が不足してしまい脱毛が引き起こされます。

 

また、頭皮が紫外線を浴びると、髪を作る毛母細胞の機能を低下させます。
毛母細胞は分裂して髪を作り出す働きを持っていますから、この機能が低下すると成長がストップします。
さらにダメージを放っておくとヘアサイクルが乱れて、成長期が短くなり髪が抜け落ちる退行期に移行して抜け落ちたり、髪が作られなくなって薄毛になってしまいます。
いくら規則正しい食生活で睡眠もたっぷりとって、育毛剤でケアをしていても、紫外線対策を行っていないと薄毛は改善できません。

 

例え今の段階では何の症状もなくても、紫外線を浴びる生活をしていたら薄毛になるリスクも高まるので、日傘や帽子、またはサプリメントなどでしっかり対策を行いましょう。