女性でも薄毛に悩む人は多いの?男性薄毛との違いや特徴とは

女性の薄毛と男性の薄毛の違いについて

男性との育毛の仕組みの違い

ここ最近、女性専用の育毛アイテムやウイッグのコマーシャルをよく目にするようになった、と感じている方も多いのではないでしょうか。
一昔前だったら、薄毛と言えば男性に現れる症状と言うイメージが強く、女性とは無関係と思われていました。
しかし、実は数年前から女性でも薄毛に悩む人が増えています。
薄毛というのは加齢だけが原因ではなく、ストレスや疲労、食生活、睡眠など生活習慣も深く関わっています。
近年は女性の社会進出や食生活の欧米化などライフスタイルも大きく変化しているので、女性の薄毛が多くなってきています。

 

男性の薄毛との違いとは?

 

女性と男性では、薄毛の原因や症状に違いがあります。
まず原因ですが、男性の場合はほとんどが男性ホルモンによるものです。
男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合すると、ジヒドロテストステロンというホルモンに変性します。
ジヒドロテストステロンは皮脂の分泌を過剰にして頭皮環境を悪化させたり、毛母細胞に働きかけて髪の生成を阻害する作用を持っています。
男性は男性ホルモンの割合が多いので、その影響によって髪が抜け落ちて薄毛になります。
女性の場合は、パーマやカラーのダメージ、過度のヘアケア、ダイエットによる栄養不足、ストレスなどが主な原因です。
ダメージや栄養不足は毛根組織の働きを低下させますし、ストレスは血行不良を引き起こし頭皮の環境を悪くします。
そのため、髪が健康に成長しなくなり細く弱々しい毛が生えてくるようになり、抜けたり切れたりしやすくなります。
男性と女性は原因によって髪の状態が異なるので、男性は髪が生えなくなって薄くなる、女性は髪が細くなって薄くなるというように、症状にも違いが出てくるのです。

 

女性の薄毛の特徴について知っておきたい事

 

男性の場合だと脱毛ホルモンによって髪が生えてこなくなるので、ほとんどはおでこなど髪の生え際、もしくは頭頂部だけなど一部分に薄毛もしくは抜け毛が集中します。
しかし、女性の場合は抜けるのは最終段階で、その前の状態としては髪全体が薄くなるのが特徴です。
その理由は薄毛の原因によるのですが、男性の薄毛を引き起こす男性ホルモンと5αリダクターゼは前頭部や頭頂部にもっとも多く集中しているため、一部分だけが薄くなります。
女性の薄毛は主に生活習慣によるものですから、どこか一部分に集中するのではなく髪の毛が全体的に薄くなります。
ただし、男性のように自然に発生して脱毛を引き起こす男性ホルモンではなく、女性は生活習慣が原因だからこそ改善しやすいといえます。
薄毛というのは少しずつ進行していき、目立つ段階になってから気がつくことが多いです。
しかし、例え薄毛が目立つ状態であっても、生活習慣を改善して頭皮環境を整えたり、不足していた栄養をあたえて毛根組織を活性化すればまた健康な髪が生えてきます。
男性の薄毛でも、5αリダクターゼの働きを阻害したり、皮脂の分泌量を抑えることで改善は可能ですが、女性の方が改善出来る可能性が高いのが特徴であり男性の薄毛との大きな違いです。