更年期の抜け毛・薄毛は深刻!その原因についてしっかり学んでおこう

更年期の女性は特に薄毛が増える理由とは?女性ホルモンが関係?

ホルモンと更年期と薄毛

近年はライフスタイルの変化から、若い女性であっても薄毛に悩むことが増えていますが、一般的に悩み始める女性が多いのはやっぱり更年期です。
ただ、一つ間違えてはいけないのが更年期がいつから始まるのかということです。

 

更年期というと50代ぐらいから始まるイメージがあるかもしれませんが、最近は若年化が進んでいるため早い人だと30代後半から始まっています。
今は40代でも若く見える女性が多いものの、体内では着実に老化が進んでいますから、油断をしていると薄毛が進行してしまうので頭皮や髪の状態は毎日チェックする必要があります。

 

更年期とは?知っておきたい基礎知識

更年期は思春期と同じで、どんな女性にも訪れる体が自然に変化していく時期です。
思春期は卵巣などが成熟する過程の時期で、女性ホルモンが増減しながら分泌され、思春期が終わるころには分泌量が安定します。
更年期はその逆で、今まで安定していた女性ホルモンの分泌量が少しずつ減少し、それに伴い卵巣の機能などがゆっくり衰え始めて、最終的には閉経を迎えます。
女性ホルモンというのは、簡単に言うと女性が女性らしい体や肌、機能を維持するために働いています。
そのため、女性ホルモンの分泌量が減少するとホルモンバランスが乱れてしまうので、女性の体にはあらゆる変化が起こりますが、薄毛もその変化の一つになります。
更年期によって薄毛が起こるのは、女性ホルモンが髪の毛の成長に大きく関わっているからです。

 

女性ホルモンの髪への働きについて

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2つの種類がありますが、髪の毛に大きく関わるのはエストロゲンです。
エストロゲンには、髪の毛の成長を促進したり、ヘアサイクルの成長期を維持する働きを持っています。
この女性ホルモンがきちんと分泌されることで髪の毛は伸びていきますし、成長期の期間もきちんと守られますから、髪は抜け落ちることがないのです。
しかし、髪の毛に重要な働きをするエストロゲンが減少してしまうと、髪の毛が正常に成長できなくなったり、成長期が短くなって次のサイクルである退行期に移行してしまいます。
退行期は髪の成長がストップして抜け落ちる時期ですから、ヘアサイクルが狂うと当然髪の量が減少しやすくなります。
このヘアサイクルが続いてしまうと、髪は細くなったり本数が減ったりして薄毛を引き起こします。
つまりエストロゲンの減少が薄毛の原因となるのですが、更年期にはエストロゲンの分泌量が大幅に少なくなるのです。

 

そのため更年期の女性は特に薄毛が増えるのです。
更年期は誰にでも訪れるもの、というと薄毛になることも諦めなくてはいけないと思うかもしれません。
しかし、更年期の症状の度合いは人によって異なりますし、生活習慣を改善したりヘアケアを行うことで薄毛を防いだり改善することもできます。
女性ホルモンが減少するのはしょうがないことですが、髪の生成や成長期の維持には頭皮環境や栄養も関わっているので、更年期を意識する年齢になったらしっかり対策を行いましょう。