朝シャンで抜け毛、薄毛悪化の原因になるって本当なの?

朝シャンで抜け毛・薄毛がひどくなるって本当なの?

朝シャンと薄毛

 

仕事で疲れていたり、帰宅時間が遅かったりすると、髪を洗ったり乾かしたりするのは面倒なものです。
ですので朝シャンをする人も多いですし、今や朝シャン派というのは珍しいものでもありません。
しかし、朝シャンは薄毛を引き起こす原因の一つになりますし、薄毛の場合だと症状を悪化させてしまいます。
これは朝しかシャンプーしない人だけではなく、夜にも洗って朝も洗っているという方にも言えることなので、薄毛になりたくない方、悪化させたくない方は朝シャンが薄毛につながる理由をしっかり理解しておきましょう。

 

朝シャンが抜け毛薄毛になる理由について

朝シャンが頭皮や髪によくない理由は、夜も洗う方だと皮脂を落としすぎるから、朝だけしか洗わない方だと汚れがついたまま就寝するからです。

まず夜と朝、1日2回シャンプーをしているのであれば、明らかに皮脂を落としすぎています。
確かに、皮脂が過剰に分泌されると毛穴に詰まったり頭皮環境を悪化させるので、しっかり取り除く必要があります。
しかし皮脂というのは膜となって頭皮を乾燥から守る働きも持っていますから、取り除くのはあくまでも「余分」な皮脂だけでいいのです。
余分に分泌された皮脂は1回のシャンプーで落とせますから、2回も洗ってしまうと頭皮を守る分まで落とすことになり、頭皮が乾燥して固くなったり、毛穴に汚れがつまりやすくなって環境が悪化し薄毛が引き起こされるのです。
朝だけしかしないのであれば皮脂を落としすぎることはないものの、頭皮や髪が汚れたまま一晩過ごすことになります。
昼間に頭皮や髪が受けたダメージは、寝ている間に分泌される成長ホルモンなどによって修復されます。
しかし汚れたままだと修復がスムーズに進まず、ダメージがどんどん蓄積しますから、これが習慣になっていると頭皮環境の悪化や髪のサイクルが狂ってしまい抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。

 

紫外線によるダメージが大きい?

頭皮は皮膚ですし、体の中でも一番太陽に近い部分ですから、昼間は紫外線をたくさん浴びています。
普通なら、皮脂などによって作られた庇護膜によって守られるのですが、朝シャンをするとシャンプーに含まれる洗浄成分が庇護膜を洗い流してしまいます。
庇護膜はすぐに生成出来るものではなく、再生までには数時間かかるので、その間は頭皮は紫外線を浴び続けることになります。
1日ぐらいなら紫外線を浴びても目に見える害はありませんが、毎日続けば紫外線によって顔にシミやシワができるように、頭皮も同じぐらいダメージを受けます。
頭皮の場合だと、そのダメージが毛根組織にも影響を与えるため、紫外線によって成長機能が低下してヘアサイクルが狂い、結果的に薄毛を引き起こすのです。
また、頭皮というのは寝ている間にたくさんの汗をかくので、朝は毛穴が開いた状態になります。
その状態でシャンプーすると毛穴に洗浄成分などが詰まってしまい、そこに紫外線が当たると酸化してより一層負担をかけてしまいますから、いずれにしても薄毛にならないためには朝シャンをしない方が良いのです。